🔖
ワイヤーフレームを作るための便利プラグインご紹介!

Pekaco

Pekaco

2023年12月21日
Advent Calendar 2023
AC2023designwireframeplugin

ワイヤーフレームを作る際に便利なプラグインのご紹介です。

デザインの前段階としてワイヤーフレームを作ることがあります。
ワイヤーフレームを作ることで、サイトやアプリのレイアウトや仕様を決めることができます。
弊社では半年ほど前から、ワイヤーフレームが盛んに作れられるようになりました。

今回は、私自身がいろいろと試してきた中で、作業効率を上げてくれるなーと思ったプラグインをご紹介します。

# ワイヤーフレーム作成でやっていること

まず、ワイヤーフレームでどのような作業をしているのかを整理してみます。
大きく分けて以下の6つを行っています。

1. 大まかなレイアウト
どこに何がくるのか、どのようなコンポーネントを配置するのか、大まかなレイアウトを決めます。ピクセル単位の詳細なレイアウトは必要ありません。
2. ボタンや入力時の挙動
遷移するのか、何かしらのアクションを起こすのか、入力を受け付けるのか等を決めます。
3. 画面のどこにどう配置するのか
テキストは何寄せなのか、ボタンは固定かなどを決めます。
画面全体の大まかなレイアウトと分けているのは、ここで議論したいのは画面全体ではなく、要素内の配置ということです。
例:左寄せ, 中央寄せ, 右寄せ, ある要素のすぐ上, 画面下固定など
4. サイズの比率
要素のサイズ比率を決めます。正方形なのか、16:9なのか。正確なサイズは必要ではありません。
例:画像のアスペクト比
5. ボタンの種類
ボタンの種類を決めます。
例:primary, outlined, textなど
6. 遷移先
遷移する場合、どこの画面に遷移するのかを決めます。

# おすすめのプラグイン

おすすめのプラグインはコチラです! Ink Wireframe | Figma CommunityInk Wireframe plugin lets you create lo-fi wireframes. With Ink Wireframe you can quickly drag and drop components and brainstorm your design ideas. Ink Wireframe plugin has 700+ unique variants for rapid prototyping.  Ink Wireframe is an intuitive plugin with a zero learning curve for bot...Ink Wireframe | Figma Community

こちらのプラグインは本当に良くて、特に下記の機能が個人的に優れた点だと考えています。

  • 基本的なコンポーネントが、グレースケールで利用できる
  • 大まかなレイアウトをするには十分なコンポーネントがある
  • あくまで用意されているのはコンポーネントであり、組み立ては自由にできる
  • コンポーネントの作り方(figma上の構造)もかなり便利で使いやすくなっている

#

コンポーネントリストの一部

種類が豊富です。
コンポーネントリスト

ボタン

ボタンはFill、Outlined、Plainの3種類を切り替えられ、さらにアイコンを前につけたり後ろにつけたりできます。
コンポーネント構造もわかりやすいです。
ボタンリスト ボタンのプロパティ

# 作れるもの

例えばこんなものが作れます。

作れるものの例

# 足りないもの

figmaでは、コンポーネントにテキスト要素を登録すると、コンポーネント利用時にプロパティに出てきて簡単に編集できるようになります。
現状はそれがないので、対応してくれたらもっと利用しやすくなるなーと思っています。
足りないものの例

# 最近の試み

最近、テンプレートのUIflowキットを利用することで、画面遷移をパっと見でわかりやすくするなどの試みをしてみました。
実装時にどれくらい有用かはこれから検証していきたいと思います。 UIFlow

コチラのテンプレートを利用しました。 FigmaCreated with FigmaFigma

# 他に検討したものなど

# まとめ

プラグインを使うことで、ワイヤーフレーム作成の効率化ができます。
ぜひ、ワイヤーフレーム作成の際にご活用ください!