🏄
Matsuri-tech Frontend Weekly 2023-03-14

hrdtbs

hrdtbs

2023年3月14日
MFW

社内向けに、フロントエンド関連のニュースや業務で発生したQ&A、利用しているライブラリなどの情報を定期的に書いています。

この記事は、社内の開発部メンバーに向けて直近でリリースされたライブラリなどの情報を不定期でまとめたものです。内容は実務や趣味で使えそうなものを中心に扱っており、網羅的ではなく偏りがあります。

前回のFrontend Weekly

# Q & A

普段の業務において、質問を受けた際の回答などから共有した方が良さそうな内容をピックアップしました。

# Playwrightのコードを生成する

次のコマンドを行うとスクリプトを自動生成してくれます。便利。

npx playwright codegen wikipedia.org

# 画面に出ている情報がおかしいときに考えること

画面に出ている情報と想定しているレスポンスが一致しないが、理由が分からないという質問が稀にあります。このような問題が発生した場合、開発環境でクライアントのコードを見るのではなく、次のようなフローで確認することをおすすめします。

  • まずはDatadogや検証ツールのNetworkで、想定通りのレスポンスが帰ってきているか、エラーが起きていないかを確認する。
  • レスポンスに問題がなければ、クライアント側でのレスポンスの扱い方がおかしいです。
  • レスポンスに問題があれば、リクエストや、バックエンドのコードを確認しましょう。

# Chrome 111

2023年3月7日にGoogle Chrome 111がリリースされました。Google Chrome 111には、話題になっている機能以外にも多くの興味深い機能が追加されています。

جدید در کروم 111  |  Blog  |  Chrome for Developersکروم 111 اکنون در حال عرضه است! با View Transitions API، ترانزیشن های صیقلی را در برنامه تک صفحه ای خود ایجاد کنید و رنگ ها را با پشتیبانی از سطح رنگ CSS 4 به سطح بعدی بیاورید. ابزارهای جدیدی را در پانل استایل کشف کنید تا از عملکرد رنگ های جدید حداکثر استفاده را ببرید، و موارد دیگر بسیار زیاد است. .

# View Transitions API

View Transitions APIを利用すれば、画面の更新前後で重複することなくDOMを変更するスムーズな画面遷移を簡単に実現出来ます。モバイルアプリのページ遷移をイメージすると良いでしょう。

今までも実装を頑張れば、このような実装は可能でしたが、View Transitons APIの登場によって、より無駄なく簡素な記述で可能になりました。

document.startViewTransition(() => {
	// 画面の更新処理
	navigate(...)
});
.page-header {
	/* 画面遷移中に共有、重複しない要素に名前をつける */
	view-transition-name: page-header;
	contain: paint;
}

/* 画面遷移時に更新前の画面がどのように振る舞うか */
::view-transition-old(root) {
	mix-blend-mode: plus-lighter;
	animation: 300ms cubic-bezier(0.4, 0, 0.2, 1) both fade-out;
}

/* 画面遷移時に更新後の画面がどのように振る舞うか */
::view-transition-new(root) {
	mix-blend-mode: plus-lighter;
	animation: 300ms cubic-bezier(0.4, 0, 0.2, 1) both fade-in;
}

賢い方は、ここまで見てMPAでは利用できなさそうだなと思われるかもしれません。ですが今後MPAへの対応が予定されており、実はすでに実験的な機能としてフラグを有効化すれば利用することが出来ます。興味のある方は、このドキュメントを見てください。

# Style Queris

2022年9月にChrome 105でリリースされたコンテナクエリの拡張で、コンテナ要素のスタイルに合わせて、子要素のスタイルを指定できるようになります。

現状Chrome 111では、CSS変数を利用している場合のみ利用できます。

@container style(--theme: warm) {  
	.card {    
		background-color: wheat;    
		border-color: brown;  
	}
}

Getting Started with Style Queries  |  CSS and UI  |  Chrome for DevelopersStyle queries allow developers to query a parent element's style values using the @container rule. In Chrome 111, style queries for CSS custom properties are landing stable. Learn how to get started with them.

# CSS Color Module Level 4

高解像度ディスプレイがサポートされ、選択できる色が50%増えて1,600 万色になったらしいです。すごいですね。 またCSS関数 color()、lch()、oklab()、color-mix()などがサポートされ、12 の新しい色空間と 7 つの新しい色域を利用できるようになりました。

これにより、今まで以上に凝ったデザインを簡単に実現できるようになりますし、特にグラデーションや色を使ったアニメーションはより美しいものを作れるようになるでしょう。

# CSS 三角関数の追加

CSS関数 sin()、cos()、tan()、acos()、asin()、atan()、atan2(x,y) がサポートされました。

あまり使う機会はないかもしれませんが、例えば波状のアニメーションはとても簡単に実装できるようになりました。

# CSSセレクター :nth-childの拡張 of S

基本的な記法は:nth-child(an + b of S)です。Sにはセレクターを指定し、Sの条件に合うものの内an + b番目のものを対象に取ります。

/* highlightクラスを持っている子要素の中で2番目を選択する。*/
:nth-child(2 of .highlight) {}

/* highlightクラスを持っている且つ2番目の子要素を選択する。 */
.highlight:nth-child(2) {}

Sを複数指定することも出来ます。

/* highlightクラスまたはsaleクラスを持っている子要素の中で2番目を選択する */
:nth-child(4 of .highlight, .sale) {}

これが特に便利なケースとして、Chromeのドキュメントにも挙げられている不可視の要素を省いたスタイル付けが挙げられます。今まではフィルター機能のあるテーブルでストライプ柄を維持するのは面倒でした。

tr:nth-child(even of :not([hidden])) { 
	background-color: lightgrey;
}

# Deno 1.31

2023年2月24日にDeno 1.31がリリースされました。 Node.js互換機能が本体に統合され、Node.jsから移行が容易になっています。

Deno 1.31: package.json supportDeno 1.31 adds support for package.json, stabilizes Node-API, Deno.Command API, adds `node:v8` module, and more.Deno 1.31: package.json support

# package.json support

package.jsonに記載された依存関係の解決や、scriptsの実行を行えるようになりました。ただし現況、単純なスクリプトのみが利用できます。rimrafやcross-envなどは利用できません。

# ファビコンとサイト名の検索結果への表示

以前からモバイルではファビコンとサイト名が検索結果に表示されていました。2023年3月から、PCでの表示が正式に導入されました。

Google 検索でのサイト名 | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google for DevelopersGoogle で検索結果にページの一覧が表示されるとき、そのページの取得元サイトの名前が表示されます。これをサイト名と呼びます。WebSite 構造化データを使用して Google 検索に対してサイト名を指定する方法を説明します。Google 検索でのサイト名 | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google for Developers

検索結果用のサイトのファビコンの設定 | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google for Developersファビコンとは、ブラウザや検索結果に表示されるウェブサイトのアイコンです。Google 検索結果へのファビコンの表示方法、「Google Favicon」について解説します。検索結果用のサイトのファビコンの設定 | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google for Developers

# ファビコンの置き場所

2023年2月から、ファビコンを別ドメインにも置けるようになりました。

Latest Google Search Documentation Updates | Google Search Central  |  What's new  |  Google for DevelopersLearn about the latest and most recent Google Search Central documentation updates. Stay current with what's new at Google Search Central.Latest Google Search Documentation Updates | Google Search Central  |  What's new  |  Google for Developers

# Rspack 0.1.0

TikTokで有名なByteDanceが、Rust製のWebpack互換バンドラを公開しました。性能がWebpackと比べた数倍優れているだけでなく、Webpackのエコシステムとの互換性がとても意識されています。

GitHub - web-infra-dev/rspack: A fast Rust-based web bundler 🦀️A fast Rust-based web bundler 🦀️. Contribute to web-infra-dev/rspack development by creating an account on GitHub.GitHub - web-infra-dev/rspack: A fast Rust-based web bundler 🦀️

# Webpackとの互換性

設定ファイルの構成がWebpackと非常に似ており、Webpackの主要なローダーやプラグインをほぼそのまま利用できます。またWebpackと同様に、JavaScriptを用いて独自のローダーやプラグインを実装することが出来ます。

# 将来性

Webpackの後継としては、すでにTurbopackがあり、当初からWebpackからの移行対応を行うと宣言していました。ですが、Turbopackは発表以降あまり大きな話題がありません。個人的にコミットログなどを見ていると開発体制があまり良くないのではないかなという気がしています。少なくともリリースノートは読みにくいです。

一方、Rspackはドキュメントが丁寧に書かれており、コミットのルールも徹底されているためリリースノートも読みやすいです。また今後Webpackとの統合も計画されており、Webpackチームと連携しているとのことなので、十分に将来性はあると思います。